おまかせ配送(ADM)機能

おまかせ配送

おまかせ配送は、全て自動でニュースレターが届く
工務店社長は、原稿さえ書かなくていいのです

新規引合いの見込み客が「今すぐ客」ではないと、
見極めがついたら、時期が来るまで、

ご縁が切れないよう、また、自分を信頼してくれ、
いざ建てる段階になったら、一番に相談してくれるようにする。

かといって、しつこく訪問したら嫌われます。

一番良い方法は、毎月決まった日に、ニュースレターを
お送りすることです。

しかし、ニュースレターは、原稿を作るのが大変だし、
しかも毎月、それを継続しなきゃならないというのが
難しかったりします。

思いつきで、1度や2度やるのは、簡単に出来るかも知りませんが、
毎月、内容も充実していて、「お客様の役に立ったり」
「自分との関係性が詰まったり」という効果が期待できるようなものを

作り続けるというのは、それなりの能力と、労力を必要とします。
そこで出来あがったのが、「おまかせ配送」機能なのです。

では、おまかせ配送機能とは、いったいどのような物なのでしょうか?

こちらが、おまかせ配送で、送られるニュースレターの一例です。
今すぐ建てるお客様は、誰でも一生懸命に追いかけようとします。
しかし、2年後、3年後のお客様というのは、
ほとんどの人が、ほったらかしです。

というのも、手が廻らないというのが、本音だからです。
それに、どうフォローしていいか分からないという場合もあります。

これは、他の競合工務店においても、事情が同じなので、
もし、長期客をキチンとフォローすると、いざという時に、

最初に相談してもらえるようになるのです。

というか、相談してもらえるようになるために、
長期のお客様をフォローしましょう、と言うことです。

予定が、2年先、3年先というお客様にしつこくすると、
嫌われます。

何か明確な理由があって、2年後とか3年後と決まっている場合は、
「建てる時期」が来るまで待つしかないのです。

そこで、毎月ニュースレターを送って、
自分を覚えてもらいましょう、自分を専門家として認識してもらいましょう
と、いう訳です。

訪問すると嫌われますが、ニュースレターは、
紙のセールスマンです。

お役立ち情報を提供し、自分を知ってもらい、
いざ建てる時には、真っ先に相談してもらえるようにするのです。

そのためには、最低月1回程度は、ニュースレターを
送りたい訳です。

接触頻度が多くなれば多くなるほど、
仲良くなれるので、

定期的に途切れず、お届けしたい。

ニュースレターは、家づくりに関する「お役立ち情報」であったり、
生活を豊かにする「情報」に徹するべきです。

こごて妙に売り込んでいると、読んでもらえません。

しかし、お客さんが「手を上げる」ことを促すために、
「売込み情報」も必要です。つまり「提案」ですね!

そのために、チラシを入れます。

そして、社長の挨拶文章も入れたい。

つまり、「挨拶文」「ニュースレター」「チラシ」の3点セットを
毎月定期的にお送りしたい訳です。

おまかせ配送では、この3点セットを毎月ご用意し、
工務店に代わって、自動配送しているのです。

住宅営業お便り当番には、ニュースレターの
「おまかせ配送」機能がついています。

これは、工務店経営者に代わって、
「代表挨拶」「ニュースレター」「チラシ」の3点セットを
毎月作って、決まった日に、自動的に配送します、

というサービスです。

「代表挨拶」は、極端にパーソナルなことは書けませんが、
時事ネタを織り込んで、パーソナルな感じの文章に
仕立てています。

「ニュースレター」は、家づくりに役立つ情報とか、
生活に役立つ情報をA3裏表で作成します。

そして「チラシ」も、毎回違った内容でお作りしています。

その3点セットは、黙っていても、
工務店の名前で自動的に作られます。

おまかせ配送機能は、利用開始時に、初期設定が必要です。
というのは、発信者に、工務店名や、連絡先、社長の顔写真などを
挿入しないとならないからです。

しかし、1回その手続きをしておけば、
あとは毎月決まった時期に、自分の名前で、

「代表挨拶」「ニュースレター」「チラシ」が自動作成され、
決まった日時に自動配送されます。

自社で作成したチラシを追加で、同封することも可能です。

毎月、配送対象者を抽出し、配送先の追加や削除の確認期間を
数日提供し、その期日が過ぎたら、

自動的に発送するシステムなので、
確認が遅れて出し忘れたということもありません。

ニュースレターは、いつまで届けたらいいのか?
と、考える人もいますが、

「届くまで送る」というのが正解だと思います。

住宅営業お便り当番を使い続けている限り、
延々と、毎回変わったニュースレターが送り続けられます。

それは、商談中のお客様、2年後、3年後の長期客、
既に建ててくれたOBのお客様など、

ご縁が切れないようにしたい全てのお客様に対してです。

「おまかせ配送」機能を使えば、「代表挨拶」「ニュースレター」「チラシ」の
3点セットが、自分の会社で作成したような体裁で、

毎月決まった日に、自動発送されるということが
ご理解頂けたでしょうか?

長期客は、しつこくすると嫌われます。
しかし、なんの接触もしないと、

自分を覚えてもらえないし、いざという時、
「相談」してもらえない。

だから、毎月1回、ニュースレターを送り続けるのです。
「おまかせ配送」は、「雛形レター」を購入して、

自分で直して使うタイプのものではありません。
全部出来ていますので、自分で手を加える必要がありません。

そこが一番の魅力です。

「雛形レター」を買って、自分で直して、自社で発送するというのも、
結構手間暇がかかって、ハードルが高いのです。

だから出さなくなる。

だから、全て自動で配送される「おまかせ配送」機能が
スゴイのです。

見込み客育成型CRM「住宅営業お便り当番」は、
ハーレーが開発した顧客管理システムをベースに、
アトピッコハウスが工務店用に開発したものです。

顧客管理(CRM)機能も、営業支援(SFA)機能も、
相当に充実しています。

しかし、一番の「売り」「強み」は、DMやニュースレター
といった顧客フォローツールの「おまかせ配送機能」です。

忙しい工務店経営者に代わって、印刷物の企画から、
印刷、配送までを全部代行するサービスなのです。

住宅営業お便り当番の詳細に関しては、こちらをご確認ください。

住宅営業お便り当番の詳しい資料を請求する

  1. おまかせ配送(ADM)機能

  2. おまかせ配送

PAGE TOP